西多摩新聞のホームページ 購読・見本紙のお申し込みはこちら!

Fussa Craft Vol.1
Fussa Craft Vol.2


5月29日に取材で、檜原村の都民の森に行ってきたぞ!新緑がきれいで、浮世のあれこれで疲れた心がいやされたぞ〜!自転車で頑張ってここまで来る人もたくさんいたぜ、すげえよなぁ。
せっかくだから、名物の「三頭だんご」を食べちゃったぜ。

第184回
過去のたますけ。。。

連載小説
千人同心がゆく 
令和 薫
(夢酔藤山)


舞台は幕末維新前から明治初期。
その時代を懸命に生きた人々が主役として登場するオムニバス長編です!!


よくある問い合せ






   
  
▲3階会議室&ギャラリー
 Wifi・50型モニター完備しました!



   

好評連載中!

「多摩歴さんぽ」

4月からは大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に
も登場。西多摩に足跡を残す畠山重忠
ゆかりの地を紹介。


西多摩歴史特集

ここ数年の掲載した歴史特集を
PDFでお読みいただけます!

◆古代ロマン 日の出町将門伝説
◆源平合戦 郷土の英雄金子十郎
         その@ 
そのA
◆幕末!その時西多摩は 
         その@ そのA
◆五日市線の誕生の歴史 
         その@ そのA
◆ありがとう平
成!平成をふりかえる
         その@ 
そのA

購読・見本紙のお申込み

申込み月無料キャンペーン開催中
ご購読をお考えの方、見本紙の
郵送も致します!
お申し込みは
ここから


購読料 ※毎週金曜発行 
半年 ¥5,028

一年 ¥10,056


西多摩新聞立ち読み
PDF




購読のお申し込みは、上の
「購読・見本紙のお申込み」から
することができます!

 
 
 
 
 


営業時間 月〜金曜日 午前9時〜午後5時


 
 


   
   
       
       

西多摩各市町村+昭島市ホームページ

下の市町村名をクリックすると各市町村のHPが開きます

青梅市 羽村市 福生市 あきる野市  昭島市  瑞穂町 
日の出町
 奥多摩町 檜原村
 

 
 
   
   
 

温泉掘削現場を公開
待望の「天然温泉」へ
西多摩衛生組合「フレッシュランド西多摩」

青梅市・福生市・羽村市・瑞穂町の可燃ごみを共同処理する「西多摩衛生組合」(羽村市羽)は、環境センター(清掃工場)を2038(令和 20)年度まで延命する計画の一環として、隣接する温浴施設「フレッシュランド西多摩」敷地内で天然温泉の掘削工事を進めている。5月24日には地元の瑞穂町環境問題連絡協議会役員や報道陣に掘削現場を公開し、4月29日時点で掘削の最終目標としていた深度1800メートルに達し水温35・4度ほどの地下水をくみ上げることに成功したことを報告した


 
 
   
青梅がロケ地の映画を初上映
第2回橋龍映画祭を開催


瑞穂町を中心に映像企画・制作を行う団体「瑞穂町映像企画部」(同町石畑、橋龍代表)は5日(日)、青梅市本町のレンタルスペース「おうめシネマ」で映画祭「橋龍映画祭」を開催する。開催は2回目で、青梅など多摩地域をロケ地に製作した短編映画4作品を上映する。事前予約制で料金は無料。時間は午後1時〜・3時〜。各定員約30人。先着順のため定員になり次第受付終了。問い合わせは橋龍さん(090・6040・6097)、詳細は公式サイト(https://mizuhomachieizou.themedia.jp/)。

     
   
   
 

食と農の未来を考える
鈴木宣弘さんが講演
青梅の農業を考える会


青梅市でこのほど発足した「青梅の農業を考える会」(柳川貴嗣代表)は5月21日、第1回「食と農の未来を考える〜青梅から〜」をネッツたまぐーセンター多目的ホール(青梅市上町)で開催。東京大学大学院農学生命科研究科教授の鈴木宣弘さんが、世界情勢を含めた日本の農業が抱える課題などについて講演し、市内外から約100人が参加した。
青梅市内で有機農家ヤナガワファームを営む柳川代表(42)は「新型コロナに始まり、ウクライナ紛争など世界情勢の変化は農業の分野にも大きな影響を与え、今まででは考えられないような食糧危機を迎えつつある。まずはその現状を知る機会、考える機会を得ることが必要なのではと思いこの会を発足した」とし、「西多摩・青梅で具体的にどんな解決の糸口があるのかを皆さんと一緒に考えていければ」とあいさつした


 
 
     
本格カレーを気軽に楽しめる店に
奥多摩町 PORT OKUTAMA


奥多摩駅上複合店「PORT OKUTAMA」(舩越章太郎オーナー)内のカフェ「蕎麦太郎カフェ」はこのほど、食事とクラフトビールが楽しめる本格カレー専門店「SOBATARO CAFE CURRY CLUB」にリニューアルオープンした。カレーメニューは現在5種類。従来から人気が高い辛さなしのキーマカレー、2種類のチーズを炙り焼きしたダブルチーズカレーに加え、焼き野菜・スパイシーチキン(各900円)・カツカレー(千円)を新たに加えた。今後はよりスパイシーなグリーンカレーを提供予定という。営業時間は平日午前11時〜午後5時。土日祝午前11時〜午後5時半。L.O閉店30分前。不定休。約36席。電源・Wi-Fi完備。問い合わせは同店(0428・85・8630)へ
 
  
   
 
 
祝・来園者700万人突破!
開園から32年目檜原村都民の

1990年5月31日にオープンしてから32年、豊かな自然を目当てに多くの人が訪れる「東京都檜原都民の森」は、5月29日に来園者700万人を突破し、記念式典を行った。600万人達成は2017年7月だった。
 記念すべき700万人目となったのは、調布市から初めて来園したという落合雪乃さん(10)。母の落合美夏さん(47)と妹の落合紗弥さん(7)と共に、記念式典に出席し、坂本義次檜原村長から、モモンガをかたどった都民の森オリジナル時計や、檜原ジャガイモ焼酎と檜原特産ゆずワイン、数馬の湯の入浴券、檜原村特産品などを贈呈された
   
      
   
2年ぶりの開催
福生が団体12連覇
青梅線沿線弓道大会


「第81回青梅線沿線弓道大会」が4月24日、福生市中央体育館内弓道場(同市北田園)で開催され約80人が出場した。同大会はJR青梅線沿線の福生市弓道連盟、昭島市弓道協会、あきる野市弓道連盟、青梅市弓道連盟、羽村市弓道会が合同で半年に一度開催し、1971(昭和54)年10月より続いている。個人戦と市対抗の団体戦を行い、団体戦は各市の上位5人の合計点で競う。段位に関係なく参加できるため、経験を積める場にもなっている。第81回大会は、団体戦では福生が優勝し12連覇となった。個人戦では、4段以上の優勝に福生連盟の鳥羽敏実さん、3段以下は青梅連盟の江川友香さんが優勝した
   
   
 
   
   
 
   
あきる野の名所「南沢あじさい山」
11日から開山
25日には野外ライブも開催
加藤登紀子さんら出演


あきる野のアジサイの名所「南沢あじさい山」が6月11日(土)から開山する。期間中の6月25日(土)にはミュージシャンで秋川渓谷あじさいアンバサダーの加藤登紀子さんらが出演する「100万本のアジサイ音楽祭」が開催される。
南沢あじさい山は、地元で「花咲かじいさんのちゅういっちゃん」として親しまれる南澤忠一さん(92)が約半世紀をかけて造り上げた花の山。現在は地元の若者で地域活性化事業を営む「do-mo」(高水健代表)のメンバーが山育てを継承しながら運営し、商品開発やツアー造成などの事業を行っている。
25日の「100万本のあじさい音楽祭」は都心部や秋川渓谷などでオーガニックとエコロジーなどに取り組むイベントを企画する「アースガーデン」(渋谷区、鈴木幸一代表)が協力して開催。会場は「Live forest 自然人村」(あきる野市深沢、070・3985・4878)で、開催時間は正午〜午後5時30分を予定
 
  
   
     
   
 「杜人」上映とトークショー
環境再生医・矢野智徳の挑戦
青梅のシネマネコで


今月4日に1周年を迎える青梅市西分町の木造映画館シネマネコ(菊池康弘代表)で17日(金)〜30日(木)まで、ドキュメンタリー映画「杜人(もりびと)〜環境再生医 矢野智徳の挑戦」が上映される。25日(土)の上映後には前田せつ子監督、音楽担当の山口洋さん(HEATWAVE)のトークショーを開催する。今回上映する「杜人」は、アップリンク吉祥寺をはじめ各地でロングラン上映となっている話題作。造園家として30年以上のキャリアを持ち、「環境再生医」でもある矢野智徳さんに3年間密着したドキュメンタリーだ。上映は午後3時30分〜5時5分。一般1800円、大学・専門生1500円、3歳以上〜高校生千円、特別会員千円。各種割引あり。問い合わせは同館(0428・84・2636)へ。
         
 
 
 

チケット 好評発売中 
0120・61・3737
月曜〜金曜 午前10時〜午後5時
チケットの郵送手数料:660円。

取扱いチケット

           
会社案内 | プライバシーポリシー | ご意見・ご感想 | リンク

nishitama-shinbun.co.jpに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。著作権は西多摩新聞社またはその情報提供者に帰属します。
2022年6月7日更新 

西多摩新聞