西多摩新聞のホームページ 購読・見本紙のお申し込みはこちら!
 
   
   
   
   


営業時間 月〜金曜日 午前9時〜午後5時

 
 



西多摩新聞が朝日テレビの

番組に登場!


5月10日(月)午後6時45分から、
朝日テレビで放映された、奥多摩町の日原鍾乳洞を目指す内容の「帰れマンデー!見っけ隊-倖田來未初参戦!キンプリ神宮寺&ずん飯尾と東京の秘境で飲食店を探す旅」で、
西多摩新聞がちらりと紹介されました。

社内スタッフ一同、思った以上にばっちりと新聞が映り、大喜びでした。

 
   
       

イベント中止情報は各市町村HPをご確認ください

下の市町村名をクリックすると各市町村のHPが開きます

青梅市 羽村市 福生市 あきる野市  昭島市  瑞穂町 日の出町 奥多摩町 檜原村 

 
   
     
     
   

コロナ禍を拳で元気に
6・6プロボクシング「GENKOTSU9」立川立飛


福生市熊川のボクシングジム「リングサイドフィットネスボクシングジム」(リック吉村会長)に所属するプロボクサー、羽村市在住の鈴木健介選手(21)と福生市在住のドミニク謙心(本名=ドミニク・ウォレス)選手(20)、あきる野市在住の谷憲明選手(21)が6日(日)にアリーナ立川立飛で行われるボクシング大会「GENKOTSU9(ゲンコツ9)」に出場する。試合は午後1時から。YouTube(石川ボクシングジム立川チャンネル)で生配信される。同ジムの大畑秀昭トレーナーは「3人の拳、ゲンコツの力で、コロナ禍の社会を元気づけてほしい」と話す

 
 
 

   
   

小中学生の五輪・パラリンピック観戦 自治体で検討

7月23日から開催予定の東京オリンピック(五輪)・パラリンピックで、小中学生の観戦について検討されている。「学校連携観戦チケット」は東京都が公費で購入して用意。西多摩・昭島の9市町村では観戦に参加するかなどの検討が行われているが、都の通知などを待つ状態で「身動きがとれない」との声も。檜原村では、今後の状況で変更もあるとしながらも「感染リスクなどを考慮し、五輪が開催されても観戦は行かないと判断した」としている。(5月28日、31日現在)《各地域の動向を紹介》

 
 
 
 
   
   
   

運転代行の3人
連係プレーで深夜の火災拡大防ぐ


昭島消防署(山ア純一署長)は5月19日、勤務中に火災を発見し、迅速な119番通報と初期消火活動を行った運転代行業の職員3人に、昭島消防署長感謝状を贈呈した。感謝状を受けたのは昭島市福島町の運転代行業「立川代行」の職員、藤江秀樹さん(50)、山口氷菜さん(46)、工藤貴久さん(30)の3人。表彰式は19日、立川代行事務所前で行われた


     
   
6月13日(日)投開票(定数21) あきる野市議選立候補予定者の横顔 後編
   
     
   
   

マイクロブタと触れ合える
牧場一体型カフェがプレオープン


小型犬並みに小さいマイクロブタに会える牧場一体型のカフェ「pignic farm&caf?(ピグニックファームアンドカフェ)」(動物取扱責任者・若狭洋介)が4日、あきる野市戸倉にプレオープンした。運営するLittlePiggies(新宿区、望月哲也代表)によると、牧場型のカフェは、日本初出店。屋内外で自由に遊ぶ人懐こいマイクロブタとピクニック気分で触れ合える牧場が西多摩に誕生した。グランドオープンは緊急事態宣言後で調整中。マイクロブタがいる施設の利用は事前予約制。予約などは同ファームのホームページ(https://cafe.pignic.jp/)から

     
        
大変さ7割、楽しさ3割
3年ぶりの新規就農者 瑞穂町の中西拓さん

瑞穂町高根在住の中西拓さん(33)は今年3月、同町で新規就農者として独立した。同町では3年ぶりの新規就農者。収穫した野菜は、同町箱根ケ崎の農畜産物直売所など4か所で販売を始め、若き農家としての一歩を踏み出した。
「小学校の体験農業で小麦を栽培し、野菜を育てる楽しさを知った」と中西さん。立川市立西砂小・立川第七中、都立東大和南高校卒業。農業を学ぶべく東京農業大学国際食料情報学部に進学。大学卒業後、山梨県のレタス農家や千葉県の農場を経営する会社に勤務するなど、農業に積極的に携わってきたという
     
   
     
 奥多摩のだしまき玉子専門店
「卵道TAMA〜コレクション


奥多摩駅前の奥多摩町氷川に2日、だしまき玉子専門店「卵道TAMA〜コレクション〜」(河村周平オーナー、清水裕也店主)がプレオープン。一昨年4月に古里駅前にオープンした店舗に続く2号店で、だしまき玉子と相性の良い多摩ゆかりの地酒が楽しめる。だしまき玉子は古里店と同じく、小菅村の多摩源流水を使った出汁と青梅市の「かわなべ養卵場」の卵を使用。メニューは3種類で、「だしまき定食」(1100円)などを提供。営業時間は午前10時?午後4時か午後5時を予定。火曜定休。席数16席。問い合わせは同店(0428・85・8687)まで


     
     
 羽村での五輪事前キャンプ断念 キルギス男子柔道
羽村市は5月27日,7月に羽村市スポーツセンターで予定していたキルギス共和国男子柔道ナショナルチームの東京オリンピックに向けた事前キャンプの受け入れを、断念したことを発表した。キルギス共和国柔道連盟(コルバエフ・ズホルドシュベック会長)から、「新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で辞退したい」との申し出があった。5年越しでキャンプの受け入れに向けて動いてきた同市の東京オリンピック・パラリンピック委員会の須田誠室長は、「大変残念」としながらも「過去2回、羽村市に選手たちは来てくれて、文化交流やコンサート、ユルタ(遊牧民の移動式住居)の組み立てなどキルギスと羽村市の国際交流の遺産(レガシー)はできつつある。コロナ禍でもできることがあるならば、何らかの交流を考えていきたい」と話した


   
     
   
     
猫関連漫画が読み放題
ねこまんがミュージアム開設中
檜原の「ひのはうす」に開設


檜原村南郷にあるシェア&ゲストハウス「ひのはうす」1階のシェア店舗スペースにこのほど、猫が登場する漫画だけを集めた「ひのはらねこまんがミュージアム」がオープンした。猫が主人公の漫画など約350冊が並び、その場で自由に閲覧できる。漫画を読みながら2匹の看板猫と触れ合うこともでき、猫好きにはたまらない空間が秘かな話題を呼んでいる。入館無料。開館時間は午前9時〜午後5時。不定休。場所は檜原村役場から数馬方面に車で約10分。「下川乗」バス停から徒歩1分。問い合わせ松岡さん(090・6142・0565)へ



     
       
記念ロゴマーク作成
青梅市制施行70周年で

青梅市は今年、市制施行70周年を迎えたことから、「市制施行70周年記念ロゴマーク」を作成。各種事業にロゴマークを活用することで、市内外に同市の魅力を広く発信するとともに、気運の醸成を図る。記念ロゴマークのデザインは、自然豊かな同市の特徴を捉えた「山」「川」「うめ」「うぐいす」を盛り込み、老若男女に受け入れられるものにしたという
  

 
     
     

チケット 好評発売中 
0120・61・3737
月曜〜金曜 午前10時〜午後5時
チケットの郵送手数料:660円。

取扱いチケット

         
会社案内 | プライバシーポリシー | ご意見・ご感想 | リンク

nishitama-shinbun.co.jpに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。著作権は西多摩新聞社またはその情報提供者に帰属します。
2021年6月4日更新 

西多摩新聞媒体資料