西多摩新聞のホームページ 購読・見本紙のお申し込みはこちら!
 
   
   
   
   


営業時間 月〜金曜日 午前9時〜午後5時

訂正 6月11日号5面の「多摩川上流水源地の歴史」出版の記事
著者の岩田基嗣さんの電話番号を「042-596-1569」と掲載しましたが、
「042-597-1569」の間違いでした。訂正してお詫びします。
 
 



西多摩新聞が朝日テレビの

番組に登場!


5月10日(月)午後6時45分から、
朝日テレビで放映された、奥多摩町の日原鍾乳洞を目指す内容の「帰れマンデー!見っけ隊-倖田來未初参戦!キンプリ神宮寺&ずん飯尾と東京の秘境で飲食店を探す旅」で、
西多摩新聞がちらりと紹介されました。

社内スタッフ一同、思った以上にばっちりと新聞が映り、大喜びでした。

 
   
       

イベント中止情報は各市町村HPをご確認ください

下の市町村名をクリックすると各市町村のHPが開きます

青梅市 羽村市 福生市 あきる野市  昭島市  瑞穂町 日の出町 奥多摩町 檜原村 

 
   
     
     
   

女子チアダンスで世界へ
「King Fishers」が誕生
東海大学菅生高校中等部


東海大学菅生高校中等部(下平孝富校長)に4月、女子チアダンスチーム「King Fishers(キング フィッシャーズ)」が誕生。全米大会や世界大会で優勝経験のある世界トップレベルのコーチ陣が指導にあたり、4人の中学1年生が創設メンバーとして参加している。初出場を予定する今年8月の大会に向けて練習に汗を流しており、最終的には全米や世界の舞台で活躍することを目標にチームが始動した


 
 
 

   
   

コロナ禍で近年最多の選挙戦
新人9人、現職19人 あきる野市議選

あきる野市議会選挙は6日に告示され、緊急事態宣言下で選挙戦の火ぶたが切って落とされた。定数21に対し、近年では最多となる立候補者は27人。現職が議席を守るか、新人が当選を勝ち取るか注目されている。投開票は11日(日)。
少数激戦と言われた前回23人(前々回25人)より4人増と近年では最多の候補者が出そろった選挙戦。現職18人、新人9人が名乗りを上げた。議会9議席で最大会派を構成する保守系は新人2人を擁立し、さらなる議席増を目指している。一定の集票力がある共産と公明はそれぞれ新人1人が出馬し、それぞれ3議席の維持が濃厚。立憲民主を含み現市政の支持基盤の会派は現状4議席の確保と、新人1人が出馬して議席確保を伺う。このほか諸派や個人投資家、会社役員などさまざまな背景を持つ新人4人も。コロナ禍での難しい選挙戦が始まっている。
 
 
 
   
   
   

0円空き家をBBQ&サウナ施設に
奥多摩町


奥多摩町が昨年度から始めた0円でも手放したい空き家を登録する「0円空家バンク」制度を活用し、同町堺にある築109年の物件を今年3月に契約した渋谷区在住の石居薫さん(60)は、空き家を改修してキャンプ場やバーベキュー施設などを併設したハウス「馬方の衆」を秋頃にオープン予定。本格的な改修工事に情熱を注ぐ。
石居さんは、妻、7歳と5歳の息子と4人暮らし。缶詰と酒の移動販売を行う会社「Wonder Cook」を2016年4月に設立したが、昨年1月、新型コロナウイルス感染拡大の影響で事業が中止に。困り果てていたが、同町ホームページで「0円空家バンク」制度を知った。同バンクに登録された物件は定住の必要はなく、アトリエ、倉庫、カフェ、別荘などに活用したい人も利用できる



     
   
檜原村出身 清水消防総監が来村 坂本村長を表敬訪問
4月1日付で東京消防庁の第28代消防総監に就任した檜原村出身の清水洋文消防総監(58)が5月17日、檜原村役場を訪れ、坂本義次村長を表敬訪問した。
清水消防総監は同村南郷(下川乗地区)出身。専修大学法学部法律学科卒。1981(昭和56)年に入庁し、四谷消防署長、第十消防方面本部長、企画調整部長などを歴任、2019年4月から次長を務めてきた。同村出身の消防総監は初

   
     
   
   

だるま絵付け体験
青梅市・瑞穂町 教育委員会


青梅市や瑞穂町などで100年以上前から作られている多摩だるまの絵付け体験(青梅市・瑞穂町教育委員会共催)が5日、瑞穂町箱根ケ崎の瑞穂ビューパーク・スカイホールで行われた。青梅市と瑞穂町の小3から小6の児童73人と保護者らが参加した。
今年で4回目の開催となる同体験は、多摩だるまの職人から伝統的な絵付け方法を直接教えてもらい、参加者が筆でだるまのひげ部分を描くもの


     
        
都に子どもホスピスを。来年に施設の開設をめざす 昭島市で第1回のフォーラム開催
がんや難病の子どもが医療機関などと提携しながら安心して学びと遊びができる場としての「子どもホスピス」をつくろう、と立ち上がったNPO法人「東京こどもホスピスプロジェクト」(=PRJ、昭島市、佐藤良絵代表理事)の「第1回東京コドモホスピスフォーラム」が5月29日、昭島市のフォレスト・イン昭和館で開かれた。市民や医療関係者など60人が出席し、同時に国内外にオンラインで配信された

 
   
   
     
 福生のジムから3人が勝利!
ドミニク(福生)復帰戦、谷(あきる野)デビュー戦飾る


福生市熊川のボクシングジム「リングサイドフィットネスジム」(リック吉村会長)所属のプロボクサー、羽村市在住の鈴木健介選手(21)と福生市在住のドミニク謙心(本名=ドミニク・ウォレス)選手(20)、あきる野市在住の谷憲明選手(21)が6日、アリーナ立川立飛で開催された大会「GENKOTSU(ゲンコツ)」に出場。3選手ともに見事、勝利を飾った。リック会長は「3人ともまだ若まだ若く経験は少ないが、これから経験を積んで、一緒に福生から、西多摩からチャンピオンを目指します」と話した

     
     
 消防署にデジタルサイネージを寄附 青梅のアイテックプロ
福生消防署(宮恭一署長)で5月26日、「アイテックプロ」(新井一美社長、青梅市)が福生消防署に広報等で活用可能なデジタルサイネージを寄附する受領式が行われた。
受領式で同社の新井社長は「コロナ禍において、尽力されている消防署の皆さまに少しでも役立ててほしいとの思いで今回、寄附をさせていただきました。消防行政に貢献出来て、大変光栄です」と話し、デジタルサイネージを寄附した



   
     
   
     
青梅に半世紀ぶりの映画館
シネマネコ、いよいよOPEN!


青梅市西分町の青梅織物工業協同組合敷地内に4日、映画館「シネマネコ」(菊池康弘代表)がオープン。「映画看板の街」として知られ、かつて3つの映画館があった青梅市に、約50年ぶりに映画館が復活した。 昭和初期に建てられた国登録有形文化財の「旧都立繊維試験場」を改装した「シネマネコ」は、都内唯一の木造映画館。当初は5月2日のオープンを予定していたが、緊急事態宣言で延期になり、待望のオープンを迎えた。JR東青梅駅から徒歩7分。火曜定休。上映スケジュールなど詳細は公式サイト(https://cinema-neko.com/)。問い合わせはシネマネコ(0428・84・2636)へ

     
       
江津久子さん写真展
「風光水心」開催中

青梅市今井の江津久子さん(66)の写真展「風光水心」が30日(水)まで、同市師岡町の「Gallery caf? 悠(はるか)」(就労継続支援B型事業所)で開かれている。青梅の里山の風景、奥多摩の森の中の花や鳥など、自然をこよなく愛する江津さんが撮影した美しい写真が並ぶ。場所はJR河辺駅北口から徒歩5分(西武信用金庫河辺支店駐車場隣)。午前11時〜午後5時30分(最終日は同3時)まで。日曜・祝日定休、土曜日は不定休。問い合わせは同店(0428・84・2177)へ。江津さんのブログ「風立ちぬベンチ」(https://soraironokaze.exblog.jp/)   

 
     
       
 研究30年の集大成
多摩川上流水源地の歴史増補第2版完成
日の出の岩田基嗣さん

日の出町平井の岩田基嗣さん(90)がこのほど、「改訂版『異説多摩川上流水源地の歴史』増補第二版」(A5判、550ページ)を西多摩新聞社出版センターから自費出版した。岩田さんは1950年から東京都水道局水源管理事務所に勤務。その中で、多摩川上流水源地の歴史に興味を抱くようになり、60歳で嘱託職員になったのを機に本格的に研究を開始した。同書の2016年版は、東京都民の水道水源林である多摩川上流の歴史について公的機関などが発表してきた通説に対し、岩田さんが民衆の視点から再検討し、間違った歴史認識への指摘などの内容を盛り込み刊行された。
 同書の主な論点は@水源地の荒廃と水源林経営A天然林の伐採B民衆の生活C本田静六博士の水源林経営問題D「御巣鷹山」の歴史などE余話となっている。余話には、幕末に活躍したイギリスの外交官アーネスト・サトウが青梅、奥多摩、小菅などを訪れた「アーネスト・サトウの足跡をたどる」なども掲載されている。同書は西多摩の図書館や、西東京市、調布市、都立中央図書館、山梨県立図書館などの図書館に寄贈予定。冊数に限りはあるが、同書を欲しい人は岩田さん(042・597・1569)まで。
     
 
     

チケット 好評発売中 
0120・61・3737
月曜〜金曜 午前10時〜午後5時
チケットの郵送手数料:660円。

取扱いチケット

         
会社案内 | プライバシーポリシー | ご意見・ご感想 | リンク

nishitama-shinbun.co.jpに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。著作権は西多摩新聞社またはその情報提供者に帰属します。
2021年6月12
日更新 

西多摩新聞媒体資料