西多摩新聞のホームページ 購読・見本紙のお申し込みはこちら!
 
   
   
   
   


営業時間 月〜金曜日 午前9時〜午後5時
 
 



西多摩新聞が朝日テレビの

番組に登場!


5月10日(月)午後6時45分から、
朝日テレビで放映された、奥多摩町の日原鍾乳洞を目指す内容の「帰れマンデー!見っけ隊-倖田來未初参戦!キンプリ神宮寺&ずん飯尾と東京の秘境で飲食店を探す旅」で、
西多摩新聞がちらりと紹介されました。

社内スタッフ一同、思った以上にばっちりと新聞が映り、大喜びでした。

 
   
       

イベント中止情報は各市町村HPをご確認ください

下の市町村名をクリックすると各市町村のHPが開きます

青梅市 羽村市 福生市 あきる野市  昭島市  瑞穂町 日の出町 奥多摩町 檜原村 

 
   
     
     
   

若葉カップ全国大会へ
都予選女子団体で優勝 青梅ジュニアBC


青梅市を拠点に活動する青梅ジュニアバドミントンクラブ(松村美智子監督)は、5日に町田市立総合体育館で開催された第37回若葉カップ東京都予選会(都バドミントン協会など主催)の団体戦女子の部(12チーム)に出場。1複2単(計3試合)のトーナメント戦で争われ、見事優勝を飾った。7月17〜19日に京都府で開催予定の若葉カップ全国小学生大会出場を決めた



 
 
 

   
   

現職は臼井氏が3千票超で、新人は吉澤氏がトップ当選
 あきる野市議選

あきる野市議会議員選挙が13日に投開票され、新人4人が初当選し、現職17人が当選、現職1人が落選。定数21に対して近年最多の27人が立候補し、混戦が予想された選挙戦では保守系の臼井建氏(52)が前回から626票を上積みして3448票と3千票を大きく上回る集票力で初のトップ当選を果たし、新人でも保守系の吉澤雄孝氏(63)が1835票を集めるなど、保守系が11人と過半数を獲得する結果となった。有効投票数は3万2794票。投票率は前回を2・25%下回る50・01で過去最低を更新した

 
 
 
   
   
   

しんまち総合クリニック
青梅市新町に開院


青梅市新町2丁目にこのほど、「しんまち総合クリニック」(八木啓一院長)が開院した。内科、老年内科、脳神経外科の疾患に対応し、かぜや生活習慣病から頭痛やめまいなど幅広く診療を行う。救急医療に長年携わり、青梅市立総合病院の救急救命センター長も務めた八木院長(66)は「これまでの経験を活かし、『優しく、笑顔で、親切・親身』をモットーに、気軽に相談できる『かかりつけ医』を目指しています」と語る。
 JR小作駅から車で約5分。「御嶽神社入口交差点」近く。受付時間は午前9時〜午後0時30分、午後3時〜午後6時。水曜、土曜午後、日曜、祝日休診。駐車場(16台分)あり。青梅市の特定健診、後期高齢者健診も実施している。予約・問い合わせは同院(0428・78・2323)へ。ホームページhttps://www.shinmachisogo-cl.com/

     
   
早朝から温かい定食を
奥多摩町 春田喜久郎さん

JR奥多摩駅前の飲食店街「柳小路」に21日(月)、飲食処「ヤナギコージ」(春田喜久郎店主)がオープンする。午前6時からお酒が楽しめる同店は、朝定食のほかに地元の食材を使った定食や山弁当などを提供予定。地元のみならず早朝から訪れた登山客や観光客に愛される拠点を目指す。営業時間は午前6時?午後3時。昼メニューは午前9時から。水曜定休。詳細はインスタグラム(@harutakikurou)、問い合わせは同店(080・9038・5680)まで


     
     
 呼称は「ひのはらファクトリー」
じゃがいも焼酎製造等施設

檜原村小沢地区に7月下旬オープン予定している「檜原村じゃがいも焼酎製造等施設」の呼称(呼び名)がこのほど、「ひのはらファクトリー」に決まった。
 この呼称には、「村内で直売・産直できる場所、ものをつくる場所、事業をつくる場所、ものを作って売る人が学ぶ(ものづくり創業支援の)場所」との意味が込められている。指定管理者のウッドボックスから提案があり、村と協議した上で決定したという
     
     
   
   
300年続く天空の宿
宿坊「西須崎坊蔵屋」


青梅市御岳山にある「西須崎坊 蔵屋」(須ア裕代表)は、江戸時代から続く300年の歴史を持つ宿坊。標高929bに位置する武蔵御嶽神社に一番近く、雄大な景色と御岳山の神秘的な雰囲気を味わうことができる。古民家のような落ち着く空間で、天空風呂や旬の料理が自慢の宿だ。数ある宿坊の中でも一番高台にあり、御岳山の豊かな緑や関東の街並みを見渡すことができる本館の客室(3室)と別棟の離れ(3室)、大・小2か所の浴場は大きな窓から開放的な山々の景色が広がる。
料理は季節ごとにメニューを変え、旬の食材を使って一品一品手作りする、どこか懐かしい和食が評判。併設の喫茶店「お茶処 蔵屋」(午前11時30分〜午後3時、不定休)では、御岳名物「おやき」と抹茶のセットをはじめ、釜めしや自家製刺身コンニャク、手打ちそば、コーヒーなどが楽しめる

     
        
親子でホタル観察会 福生七小
校庭内のビオトープ(生物の生育空間)でホタルの生育をしている福生市立第七小学校(長南敦子校長、児童数234人)で5日、親子や教職員、地域住民ら70人が参加して観察会が開かれヘイケボタルが光飛び舞う様子を楽しんだ


 
   
   
     
 羽村市制30周年記念し
ロゴマークを完成


今年11月1日に市制30周年を迎える羽村市は「記念事業を市民とともに行う」とし、記念のロゴマークを作成し、市民に活用を呼び掛けている。
市制施行30周年記念ロゴマークは、市民や市の各部署、企業・事業者、関係団体の事業・イベントなどに幅広く使もらい記念の年を盛り上げようというもの。ロゴマークは市章を数字の「0」に見立て「市が30周年を迎えること」を強く印象付け、虹色の水の流れを配して、市の公式キャラクター「はむりん」が顔を出したデザイン。市の公式サイトに使用の要綱などを掲載している

     
     
 コロナ対策し授業参観実施 菅生学園初等学校
あきる野市菅生の菅生学園初等学校(下平考富校長)は10日〜12日、「第1回授業参観」を実施。コロナ禍の開催とあって、児童数の多い学年は廊下で参観するなど、感染防止の様式で行われた。授業参観は感染防止対策もあって日にちを分散して2学年ずつで開催。12日には3年生の「書写(毛筆)」・「算数」、4年生の「社会」・「英語」の授業を保護者が見学した。3年生の書写では、はらいの方向を意識して左右の字を練習。4年生の社会では日常生活で欠かせない水について児童がグループ毎に発表した

   
     
   
     
「あきる野-AKIRUNO- VOL・2」
9月公演 高校生以上の参加者募集


国内外の舞台で活躍する劇団「IDIOT SAVANT theater company(イディオ・サヴァン シアターカンパニー)」が9月3日(金)〜5日(日)、あきる野の魅力を発信する市民参加型の公演「あきる野だって東京なんだ!VOL・2 『やす坊とのらぼう菜』」を同市自然休養村・養沢センターホールで上演予定。アーツカウンシル東京(東京都歴史文化財団)の助成を受けて行うもので、同団では、あきる野市民や都民の参加者を7月6日(火)まで募集している
     
       

 
     
       
     

チケット 好評発売中 
0120・61・3737
月曜〜金曜 午前10時〜午後5時
チケットの郵送手数料:660円。

取扱いチケット

         
会社案内 | プライバシーポリシー | ご意見・ご感想 | リンク

nishitama-shinbun.co.jpに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。著作権は西多摩新聞社またはその情報提供者に帰属します。
2021年6月18
日更新 

西多摩新聞媒体資料