西多摩新聞のホームページ 購読・見本紙のお申し込みはこちら!
 
 
 
 
 


営業時間 月〜金曜日 午前9時〜午後5時


【新聞お届けに関するお知らせ

西多摩新聞は発行日である金曜日に購読者の皆様にお届けするよう発送の手配をしております。2021年10月から郵便局の配達日数の繰り下げが決まりました。実施日が段階的のため、新聞の配達が金曜日以外の日になる場合があるかもしれません。しばらくの間ご容赦いただきますようお願いします。


 
 
       

イベント中止情報は各市町村HPをご確認ください

下の市町村名をクリックすると各市町村のHPが開きます

青梅市 羽村市 福生市 あきる野市  昭島市  瑞穂町 日の出町 奥多摩町 檜原村 

 
 
   
   
 
 
10月31日投開票衆議院議員選挙に向けて

 

井上選対、羽村で拡大会議
7期目目指す


19日公示、31日投開票の衆議院総選挙に向けて、東京25区現職(6期)の井上信治氏(52)の選挙対策本部(田村利光選対総本部長)は9日、羽村市コミュニティセンターで「拡大選対会議」を開催。約100人が参集した。候補者本人の井上氏は政見放送収録のため来場しなかったが、この日の午後から自転車での遊説を地元でスタートした
   
島田氏 青梅でプレキックオフ
「市民・野党共闘で自公打倒」


衆議院議員選挙に立候補を予定している立憲民主党・東京
都第25区総支部長の島田幸成氏(53)の「プレキックオフ」が10日、青梅市東青梅の同市福祉センターで開かれ、市内外から賛同者45人が出席。「自公政権を倒し国政を変えよう」と声を上げた。主催は「選挙で変えよう!市民連合おうめ」(加藤弘吉代表)。

 
   
青梅市制70周年記念「芸術文化祭」
オープニングショー開催


青梅市市制70周年記念「青梅市芸術文化祭」(同市文化団体連盟、同市教育委員会主催)のオープニングショーが5日、ネッツたまぐーセンター(同市文化交流センター)で開かれ、参加団体や自主サークルがステージで日頃の活動の成果を披露した。
市内20団体で組織する青梅市文化団体連盟の栗原秋月会長(同市書道連盟会長)は「(コロナ禍で)昨年は開催を断念したが、今年ようやくオープニングショーが開催できる。これまでの青梅市総合文化祭を改め、青梅市芸術文化祭という名称にさせていただいた」とし「格調高く華やかに、何よりも楽しく開催します。どうぞ最後までお楽しみください」とあいさつした
   
     
   
 

ハロウィンのアイシングクッキー作り
瑞穂 Ron’s cafe


瑞穂町石畑のカフェ「Ron’s cafe」(清水浩美オーナー)で3日、「ハロウィン・アイシングクッキー教室」が開催。手話が必要な人たちが、手話通訳付きで色とりどりのクッキー作りを楽しんだ。当日は、所沢市の自宅で少人数制のアイシングクッキーの教室をしている「sweets lovers」認定講師の萩原理佳さん(45)が、国立市の直岡匡子さん(52)の手話通訳を通してアイシングクッキーの作り方を紹介。6人の参加者は、紙に書かれた説明や、透明マスクをつけた萩原さんと直岡さんの口の動きも見ながら、アイシングクリームで飾り付けをしていった

     
 
     
 台風19号で崩落した遊歩道の復旧工事開始
奥多摩町 氷川渓谷遊歩道


多摩地域に甚大な被害をもたらした2019年10月の台風19号。発生から2年が経過したが、未だに多くの爪痕が残る奥多摩町は、その記録的な大雨で一部が崩落し通行止めとなった「氷川渓谷遊歩道」(同町氷川)の災害復旧工事を6月から始めた。工期は2023年2月28日(火)までを予定し春ごろの開通を目指す

 
     
 
 

地元美大生と初協働
福生武蔵野商店街加盟店に手描きハロウィン

国道16号線沿いの米軍横田基地に隣接する福生武蔵野商店街振興組合(理事長=稲垣美彦ヨコタホーム理事長、加盟63店)では、地域の美大生と初めて協働して「ベースサイドハロウィンタウン」を31日(日)まで開催。加盟店のウインドウやイベント広場などにハロウィンのイラストを描き訪れた人たちを楽しませている。31日(日)まで、10か所のハロウィンペイントのフォトコンテストも実施し作品を募集している。応募はFacebookまたはInstagramどちらかで期間内に福生武蔵野商店街内10か所のハロウィンペイントを撮影し「#Yokota ベースサイドハロウィン」「#撮影したお店の名前」2つのハッシュタグをつけて投稿。3人の受賞者には商店街オリジナルグッズをプレゼントする
     
      
西多摩地区初!トヨタシェア ダイハツステーション
「ダイハツショップ福生田園オープン」


青梅市新町の「アクセルオート」(樋口昭久社長)が運営する「ダイハツショップ福生田園」(栗崎博店長、同市北田園2―5―1)に9月29日、「トヨタシェア ダイハツステーション ダイハツショップ福生田園」がオープン。同日開所式が行われ、アクセルオート樋口社長、ダイハツ東京販売の細田真一社長らによるテープカットが行われた。「トヨタシェア ダイハツステーション」は「ダイハツ東京販売株式会社」の西多摩地区で最初のカーシェアリング店となる


    
     
   
   
   
   
 東京五輪カヌーに出場
矢澤亜季選手が青梅市を表敬訪問

東京2020オリンピックのカヌースラローム女子カヤックシングルに出場した青梅市在住の矢澤亜季選手(29、昭和飛行機都市開発所属)が5日、青梅市を訪れ、浜中啓一市長を表敬訪問。2大会連続の五輪出場を果たした矢澤選手は、準決勝で惜しくも敗退したが、「コロナ禍の厳しい状況の中、大会が無事に開催されたことに感謝したい。たくさんの方からの応援が力になりました」と笑顔を見せた


     
   
 水族館劇場の「さすらい姉妹」
羽村・宗禅寺で「モスラ」上演


役者自ら建築する仮設野外テント劇場とスペクタクル劇で知られる「水族館劇場」(桃山邑代表)の主演女優である千代次さん、風兄宇内さんを核にしたユニット「さすらい姉妹」の一座が2日、羽村市川崎の宗禅寺・境内で野外劇「モスラ」を上演。同寺の高井和正住職と双子の娘姉妹ら家族もメインキャストとして出演した。さすらい姉妹は千代次さんを座長に同劇場の看板女優二人による路上芝居として1996年から毎年冬、山谷など日雇い労働者の「寄せ場」を中心に巡演を開始。今回は「さすらい社中」として、高井家含む14人の一座で公演した
 
     
   
 
   
福生のジャズオケ
名曲で聴衆を魅了

福生市を中心に活動する「ハイブリットジャズ・オーケストラ」(指揮=橋宏史コンサートマスター、団員18人)が9月25日、羽村市文化協会などが主催する第84回ゆとろぎサロンコンサート(同小ホールで開催)に出演。市民60人が、ボーカルナンバーを含めて軽快なジャズの演奏に酔いしれた。タイトルは「ジャズクラブへのいざない」。
ステージにはテーブルの上にワインやバーボンのボトル、グラス、灰皿などが置かれ、深夜のジャズクラブの雰囲気を演出した
 
 
     
       
 国内外の若手版画家作品
特別展示店を開催中 あきる野で20日まで


あきる野市戸倉のアートスタジオ五日市に同市が国内外の若手版画家を招へいしている「アーティスト・イン・レジデンス事業」(同市教育委員会など主催)の作品を展示する特別展2021「アーティストからのメッセージ あきる野からのメッセージ」が20日(水)まで、五日市地域交流センターと中央公民館市民ギャラリーの2か所で開催されている。同市では毎年、国内外の版画家3人を招へいするアーティスト・イン・レジデンス事業を実施。国籍を超えて芸術家が共に創作する機会を提供し、招へいした作家と地域の文化交流や国際交流を深めることなどを目的にしており、これまで81人を招へいし、市に寄贈された作品は239点。今年度は新型コロナウイルス感染症の影響で招へいは中止となっている

    
 

チケット 好評発売中 
0120・61・3737
月曜〜金曜 午前10時〜午後5時
チケットの郵送手数料:660円。

取扱いチケット

         
会社案内 | プライバシーポリシー | ご意見・ご感想 | リンク

nishitama-shinbun.co.jpに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。著作権は西多摩新聞社またはその情報提供者に帰属します。
2021年10月15日更新 

西多摩新聞媒体資料