西多摩新聞のホームページ 購読・見本紙のお申し込みはこちら!

Fussa Craft Vol.1
Fussa Craft Vol.2


ルピナスを発見!ノボリフジともいうんだってな!
古代ヨーロッパでは、ルピナスを食べると心が明るくなるといわれ、薬草やビールのつまみで食べたりしたそう。う〜ん、食べる勇気は俺にはないなぁ。
花言葉は「いつも幸せ」、今の大変な時期にはぴったりの花かもしれないなぁ。

第153回
過去のたますけ。。。

連載小説
千人同心がゆく 
令和 薫


舞台は幕末維新前から明治初期。
その時代を懸命に生きた人々が主役として登場するオムニバス長編です。
よくある問い合わせ

 掲載写真を購入したい
 新聞を1部購入したい
 3階会議室&ギャラリーを
  借りたい
(PDF)

   
     
▲3階会議室&ギャラリー
      Wifi完備しました!

募 集

戦後75年 読者の戦争体験
西多摩新聞の「あの日を忘れない 語り継ぐ記憶」では、今年も戦争戦後体験を伝える声を募集。戦時中に残しておいた資料や遺品がある人、親や親せきの戦争体験をまとめている人などもお知らせください。担当:澤村


正社員・パート募集中!
現在、編集部記者を募集しております。お気軽にお問合せ下さい

募集詳細
042-552-3737

西多摩歴史特集

ここ数年の掲載した歴史特集を
PDFでお読みいただけます

◆古代ロマン 日の出町将門伝説
◆源平合戦 郷土の英雄金子十郎
         その@ 
そのA
◆幕末!その時西多摩は 
         その@ そのA
◆五日市線の誕生の歴史 
         その@ そのA
◆ありがとう平
成!平成をふりかえる
         その@ 
そのA

購読・見本紙のお申込み

お申込み月無料キャンペーン開催中

ご購読をお考えの方、見本紙の
郵送も致します!
お申し込みは
ここから

購読料 ※毎週金曜発行 
半年 ¥5,028

一年 ¥10,056


西多摩新聞立ち読み
PDF


購読のお申し込みは、上の
「購読・見本紙のお申込み」から
することができます

 
 
 

〜読者の皆様へ〜

本紙は毎週金曜日に皆様のお手元に届くよう努めておりますが、
新型コロナウイルス感染症の影響で、一部の地域で新聞の
到着が遅くなることがあるかもしれません。

ご購読いただいている皆様、関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしま
すが、なにとぞご了承いただきますよう、お願い申し上げます


5月末日までの営業時間 月〜金曜日 午前10時〜午後3時


 
 
NHK.BS1「沁みる夜汽車」で紹介され大反響!
弊紙連載小説を限定販売 予約受付中

〜青梅線で生まれた49歳差の心温まる友情〜
「小さな友達と大きな友達の物語」
 高山 茂 著
(12月20日刊行、216ページ、A5判、1100円+税)

購入申込
郵送(手数料300円)・来社お選びいただけます

   
     

西多摩新聞チケットサービスからお知らせ
コンサート中止・延期


◆9月12日(土)島津亜矢コンサート 発売日未定

6月26日(金)宇崎竜童コンサート 延期
会場:八王子芸術文化会館(いちょうホール)

◆6月20日(土)T-BOLAN(八王子) 公演中止

◆小椋佳コンサート
◆三遊亭円楽・柳家三三 二人会
会場:東大和市民会館ハミングホール
※延期の日程未定


米村でんじろうサイエンスショー 延期
会場:たましんRISURUホール(立川市市民会館)
再発売延期

◆4/24 由紀さおりコンサート 延期
会場:たましんRISURUホール(立川市市民会館)
12月18日(金) 午後6時開演に変更

ご注意:現在お持ちのチケットはそのまま
大切に保管してください

イベント中止情報は

各市町村HPを

ご確認ください

下の市町村名をクリックすると
各市町村のHPが開きます



青梅市 羽村市 福生市 

あきる野市
 昭島市  瑞穂町 

日の出町 奥多摩町 檜原村
 

 
 
     
  5月29日号を一部ご紹介! 詳細は西多摩新聞紙面をご覧ください!   
 


経営者有志×地元衆議
新型コロナ対策など初の意見交換


青梅市・奥多摩町の経営者有志4人は井上信治衆議院議員(50)を招き、5月21日夜、青梅市内で新型コロナ対策などについて「意見交換」を行った。参加したのは青梅市内で会社を経営する澤田佳久さん(48)と沼倉正毅さん(44)、奥多摩町で飲食店を経営する岡部正樹さん(48)と舩越章太郎さん(54)。舩越さんは「昨今、私たち(庶民)と感覚のずれた政治が展開される中で、地元の代議士とぜひ直接お会いしたかった」と意見交換の趣旨を話し、これを受けた井上氏の参加に感謝した。

 

 
 
 


宿泊施設開業へCF 奥多摩町の西田さん
コロナ禍で資金調達できず


ゲストハウスの魅力に惹かれて奥多摩町で宿泊施設開業を計画している同町在住の西田和哉さん(33)は、新型コロナウイルスの影響で事業収入が激減したことから、開店資金を補填するためクラウドファンディング(CF)に挑戦、「目標の7月にはオープンしたい」と意欲を見せている。
 問い合わせはTEL080-8102-8983かcontact@kiyokawa.okutama.townへ

  
   
 
 
 



防護服の着脱訓練を実施 日の出町

日の出町は5月13日〜19日、やまびこホールを会場に「公益財団法人放射線計測協会」(茨城県、上塚寛理事長)と連携した防護服着脱訓練をリモートで実施。新型コロナウイルス感染症の集団感染予防を目的として、西多摩地域と三多摩地域の医療・介護施設などの職員を対象に行われた

   
 
   林道の鍵、再び被害(奥多摩町)
奥多摩町の林道で、国や都の緊急事態宣言を受けて人が立ち入らないようにかけていた鍵が、同じ場所で二度にわたって壊されていたことが分かった。
 町のキャンプ場などは新型コロナウイルス感染防止の観点から営業が自粛されているが、緊急事態宣言後も釣りやバーべキューに町を車で訪れる人があり、町は観光駐車場を閉鎖したり、川に通じる林道の一部をバリケードで閉鎖し鍵をつけるなどの対策を講じている
 
     
 
 



テイクアウトを応援 サポートプロジェクト試行中
青梅商工会議所


青梅商工会議所は5月12日から、新型コロナウイルス対策応援事業の一環として、テイクアウト販売に取り組む市内飲食店と利用したい市民をつなぐ「#青梅エール飯 テイクアウト・サポート・プロジェクト」の実証実験を開始した。同商議所が宅配業務を担い、事業者の売上確保と住民サービスの向上、雇用の創出を図ることが目的で、新たな地域サービスを確立する狙いもある。
 
 
      
公立小中学校6月1日から再開へ
5月25日に全国で緊急事態宣言が解除され、各自治体で公立小中学校の再開に向け準備が始まっている。文部科学省が今月22日に作成した学校での感染予防策のマニュアルなどをもとに授業内容を検討。学習相談日や分散登校日を経て段階的に通常登校へ戻していく方法や、少人数学級の自治体では再開と同時に通常登校が予定されている。(5月25日、26日現在)
  
 
     
 
 
 
安定した遠隔授業を実施
菅生学園初等学校

状況で、あきる野市菅生の「菅生学園初等学校」(下平孝富校長、児童数105人)は4月25日に全児童にタブレットを配布。5月2日からオンライン上でコミュニケーションソフトウェアを活用した遠隔授業を開始しており、下平校長は「最先端の環境を整えることができたと思う。子どもの様子や表情も分かりやすく、通常の状態に戻っても郊外学習などで活用できそうです」と話している
   
 
  東西東京大会を独自開催へ 高校野球
日本高野連が8月に予定されていた「第102回全国高等学校野球選手権大会」の中止を決定したことを受けて、東京都高等学校野球連盟は25日、「第102回全国高等学校野球選手権大会東西東京大会」の代替大会を7月11日(土)の開幕を検討していることを発表した。
 
     
     
福生市にPCR検査センター開設
新型コロナウイルスの感染を確認するためのPCR検査体制を広げようと、医師会などが中心になり、各地でPCR検査センターが開設されている。現在は新規感染者数が落ち着きを見せているが、感染の「第二波」に備え、多摩地域でも検査センターの整備が求められている。
福生市は5月21日、同市と地域の医師会が協力して、新型コロナウイルスのPCR検査を行う「PCR検査センター」を開設したことを発表した。
 
     
     
 




クラウドファンディングで支援募る
檜原村のお店応援プロジェクト

新型コロナウイルスの影響で多くの飲食店や宿泊、観光施設が営業を自粛・縮小するなどしている檜原村の有志事業者がこのほど、「コロナに負けない!東京の里山、檜原村のお店応援プロジェクト」を企画し、インターネットで資金を調達するクラウドファンディング(CF)を利用して支援を募る取り組みを始めた

 
 
     
  オンラインレッスンで可能性探る エマネーション・ダンススタジオ
青梅市河辺町で「エマネーション・ダンススタジオ」を運営する「ラピッド・プログレス」(鈴木真理子代表)は、新型コロナウイルス感染予防対策として3月から動画配信と個別レッスンを実施している。約2か月継続された在宅レッスンは、子どもの健康増進とストレス解消に貢献するなどしており、オンラインでの新たな可能性を探っている

 
       
 

チケット 好評発売中 
0120・61・3737
月曜〜金曜 午前10時〜午後5時
チケットの郵送手数料:660円。

取扱いチケット

スポンサーサイト
放送大学 東京多摩学習センター
税金・経理のことなら内山経営会計事務所
印刷・製本はポプルスにおまかせ
個人事業主を応援します 青梅青色申告会
写真家まえのかつみ
西多摩新聞好評連載中!


西多摩新聞発行の書籍の紹介

「聖女の道標」
■宗右衛門町の花弁(はなびら)
■聖女の道標
etc
1月のひとりごと
会社案内 | プライバシーポリシー | ご意見・ご感想 | リンク

nishitama-shinbun.co.jpに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。著作権は西多摩新聞社またはその情報提供者に帰属します。
2020年5月30日更新 

西多摩新聞媒体資料