西多摩新聞のホームページ 購読・見本紙のお申し込みはこちら!

Fussa Craft Vol.1
Fussa Craft Vol.2


今年の長かった梅雨もようやく終わりが見えてきたぜ!あっつい夏もつらいけど、
もうすぐ旅立つ、アブラゼミを発見!!
元気に飛び立ってくれよ〜!

第157回
過去のたますけ。。。

連載小説
千人同心がゆく 
令和 薫


舞台は幕末維新前から明治初期。
その時代を懸命に生きた人々が主役として登場するオムニバス長編です。
よくある問い合わせ

 掲載写真を購入したい
 新聞を1部購入したい
  駐車場の場所
 3階会議室&ギャラリーを
  借りたい
(PDF)

   
     
▲3階会議室&ギャラリー
 Wifi・50型モニター完備しました!

3階予約状況PDF

募 集

戦後75年 読者の戦争体験
西多摩新聞の「あの日を忘れない 語り継ぐ記憶」では、今年も戦争戦後体験を伝える声を募集。戦時中に残しておいた資料や遺品がある人、親や親せきの戦争体験をまとめている人などもお知らせください。担当:澤村

電話042-552-3737


西多摩歴史特集

ここ数年の掲載した歴史特集を
PDFでお読みいただけます

◆古代ロマン 日の出町将門伝説
◆源平合戦 郷土の英雄金子十郎
         その@ 
そのA
◆幕末!その時西多摩は 
         その@ そのA
◆五日市線の誕生の歴史 
         その@ そのA
◆ありがとう平
成!平成をふりかえる
         その@ 
そのA

購読・見本紙のお申込み

お申込み月無料キャンペーン開催中

ご購読をお考えの方、見本紙の
郵送も致します!
お申し込みは
ここから

購読料 ※毎週金曜発行 
半年 ¥5,028

一年 ¥10,056


西多摩新聞立ち読み
PDF



購読のお申し込みは、上の
「購読・見本紙のお申込み」から
することができます

 
 
 

〜読者の皆様へ〜

本紙は毎週金曜日に皆様のお手元に届くよう努めておりますが、
新型コロナウイルス感染症の影響で、一部の地域で新聞の
到着が遅くなることがあるかもしれません。

ご購読いただいている皆様、関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしま
すが、なにとぞご了承いただきますよう、お願い申し上げます


営業時間 月〜金曜日 午前9時〜午後5時

夏季休暇 8月8日〜16日はお休みとなります
休刊のお知らせ 8月14日号は休刊となります


 
 
NHK.BS1「沁みる夜汽車」で紹介され大反響!
弊紙連載小説を限定販売 予約受付中

〜青梅線で生まれた49歳差の心温まる友情〜
「小さな友達と大きな友達の物語」
 高山 茂 著
(12月20日刊行、216ページ、A5判、1100円+税)

購入申込
郵送(手数料300円)・来社お選びいただけます

   
     

西多摩新聞チケットサービスからお知らせ
コンサート中止・延期


6月26日(金)宇崎竜童コンサート 延期
会場:八王子芸術文化会館(いちょうホール)
2021年2月27日に延期

◆小椋佳コンサート
◆三遊亭円楽・柳家三三 二人会
会場:東大和市民会館ハミングホール
※延期の日程未定


8/15 米村でんじろうサイエンスショー 公演中止
会場:たましんRISURUホール(立川市市民会館)

◆12/18 由紀さおりコンサート 公演中止
会場:たましんRISURUホール(立川市市民会館)

ご注意:現在お持ちのチケットはそのまま
大切に保管してください

イベント中止情報は

各市町村HPを

ご確認ください

下の市町村名をクリックすると
各市町村のHPが開きます



青梅市 羽村市 福生市 

あきる野市
 昭島市  瑞穂町 

日の出町 奥多摩町 檜原村
 

 
 
     
 7月31日号を一部ご紹介! 詳細は西多摩新聞紙面をご覧ください!   
 


昭島初の地ビール誕生
拝島天神社の梅と深層水で醸造


さまざまな市民団体や事業者が一体となって昭島の深層地下水と梅の実で昭島初の地ビールを造ろう、と昨年11月に「梅ビールプロジェクト」(Prjリーダー=植松一良富士見湯代表)を立ち上げ、実の収穫・洗浄やホップの栽培、深層地下水の汲み上げなどの活動を展開、「拝島天神梅霞」のネーミングも決まり、Prjの夢を乗せて市内のクラフトビール醸造店から今月下旬に発売する運びとなった

 

 
 
 


地域振興券+経済支援金
村民一人に実質5万円給付(檜原)


檜原村は、新型コロナウイルス感染症による外出自粛や営業自粛等で低迷している村内経済の活性化と村民の経済的負担の軽減を図ろうと、全村民約2100人を対象に、一人あたり3万円分の「檜原村地域振興券」の発行と、一人あたり現金2万円の「地域経済支援金」を給付する。商品券と現金を組み合わせた村独自の複合的な助成制度で、新型コロナ対策支援事業費として約1億1157万円を一般会計第3次補正予算に追加し、7月21日に開かれた村議会臨時議会で可決された
    
 
 
 
 



御岳地区の地域活性化に
「MITAKE TERRACE」オープン


御岳地区の観光や地域活性化を目指し、桜ホテルズ(渋谷区)が7月23日、青梅線御嶽駅前にカフェレストラン「MITAKE TERRACE(ミタケテラス)」をオープンした。奥多摩町で湖畔の古民家カフェ「インディゴブルー」や日原の町交流宿泊体験施設「ねねんぼう」、奥多摩駅前の「氷川食堂」など3施設を運営する同社が、御岳登山鉄道(立石努社長、青梅市)が所有する物件で、自然を感じながら味わう料理やテイクアウトメニューを提供する

   
 
   火災による死者ゼロ5千日達成!羽村市消防団に消防総監賞
羽村市は7月17日、市内での火災による死者ゼロ5千日を達成。東京都千代田区の東京消防庁本庁で行われた消防総監賞表彰式で羽村市消防団(中野実団長)に表彰状が授与され、同日、中野団長らが羽村市を表敬訪問して並木心羽村市長に5千日達成を報告した

 
     
 
 



自慢のロングヘアをカット
ヘアドネーション活動に寄付


青梅市千ヶ瀬町の伊藤颯來(さら)さん(11、同市立第一小5年)はこのほど、切った髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」を行った。
ヘアドネーションとは、小児がんや先天性の脱毛症、不慮の事故などで頭髪を失ったこどものために、寄付された髪の毛でウィッグを作り無償で提供する活動のこと。米国で始まり、日本では2009年にNPO法人「Japan Hair Donation&Charity」が活動を開始。当初は認知度の低さから髪の毛の寄付が少なかったが、女優の水野美紀さんや柴咲コウさんなど有名人が参加したことで知名度が上がり、寄付が急増した
 
   
      
新たに陽性者を確認 米軍横田基地で4件目
米軍横田基地周辺市町と東京都でつくる連絡協議会は7月27日、同基地から北関東防衛局を通じて「横田基地のメンバー1人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性が確認された」との情報提供があったことを発表。横田基地の感染例は4件目となった
 
     
 
 
 
0円で空き家、譲ります
奥多摩町 独自の対策始まる

奥多摩町は今年度から、空き家を登録する「0円空き家バンク」制度を創設し、6月末からホームページで登録を呼びかけている。7月21日時点で14人が利用申請し、3軒の空き家が登録されており、滑り出しは順調だ。
「0円空き家バンク」は、所有物件を手放したい人と、空き家が欲しい人をマッチングする行政のシステム。物件提供者に町内の空き家を登録してもらい、町が利用希望者との仲介を行う仕組み

   
 
 
東京五輪は延期ですが…
羽村でオリパラ展示

羽村市役所1階市民ホールで、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会関連展示」が行われている。同市で事前キャンプの受け入れが決まっているキルギス共和国男子柔道ナショナルチームや、同市ゆかりのオリンピアンである菅原武男さんと笹本(旧姓・小林)弘子さんのパネルほか、開催予定だった大会の競技紹介などを展示している
   
     
     
 




町民から愛される
瑞穂音頭誕生まで


瑞穂町郷土資料館けやき館で7月19日、町制施行80周年記念の公開座談会「瑞穂音頭はどのように始まったのか?〜誕生の経緯と関係者の足跡を語る」が行われた。
 数々のヒット曲を持つ演歌歌手・三橋美智也さんが歌う「瑞穂音頭」は1974(昭和49)年の完成以来、町内のさまざまなイベントで踊られている。座談会には同音頭にゆかりのある、同音頭制作担当係長だった藤森宏門(ひろと)さんなど6人が出演し、作成することになった経緯やレコーディングのエピソードなどを語った
 
 
     
  令和の大修理完成記念し 「高根の神輿」特別公開
瑞穂町郷土資料館けやき館で8月9日(日)まで、このほど大修理を終えた町指定有形民俗文化財の白木造りの「高根の神輿」が展示され特別公開されている。「白木造り」の神輿は西多摩でも珍しく、現代の匠の手による修繕で150年前の建造当時の姿が甦った

 
 
       
 

チケット 好評発売中 
0120・61・3737
月曜〜金曜 午前10時〜午後5時
チケットの郵送手数料:660円。

取扱いチケット

スポンサーサイト
放送大学 東京多摩学習センター
税金・経理のことなら内山経営会計事務所
印刷・製本はポプルスにおまかせ
個人事業主を応援します 青梅青色申告会
写真家まえのかつみ
西多摩新聞好評連載中!


西多摩新聞発行の書籍の紹介

「聖女の道標」
■宗右衛門町の花弁(はなびら)
■聖女の道標
etc
1月のひとりごと
会社案内 | プライバシーポリシー | ご意見・ご感想 | リンク

nishitama-shinbun.co.jpに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。著作権は西多摩新聞社またはその情報提供者に帰属します。
2020年7月31日更新 

西多摩新聞媒体資料