西多摩新聞のホームページ 購読・見本紙のお申し込みはこちら!

Fussa Craft Vol.1
Fussa Craft Vol.2


この前、石川酒造に行ったら、大きなケヤキが色づいていたぜ。菊も満開、秋だなぁ。今の時期、新しいお酒の販売も始まってるんだと、楽しみだなぁ!!
※写真撮影日:11/15

第162回
過去のたますけ。。。

連載小説
千人同心がゆく 
令和 薫


舞台は幕末維新前から明治初期。
その時代を懸命に生きた人々が主役として登場するオムニバス長編です。
よくある問い合わせ

 掲載写真を購入したい
 新聞を1部購入したい
  駐車場の場所
 3階会議室&ギャラリーを
  借りたい
(PDF)

   
     
▲3階会議室&ギャラリー
 Wifi・50型モニター完備しました!

3階予約状況 最新情報

募 集

丑年さん大募集

来年1月1日発行の「新年特別号」で紹介する丑(うし)年生まれの人を募集中!
 対象は、1925(大正14)年、1937(昭和12)、49(昭和24)、61(昭和36)、73(昭和48)、85(昭和60)、97(平成9)、2009(平成21)年に生まれた人となります。
 丑年生まれの人は氏名、年齢、住所、職業を明記し、来年の抱負を50字以内にまとめ、必ずカラーの顔写真を添えてご応募ください(写真返却不可)。
 郵送先は、〒197-0022 福生市本町33 西多摩新聞社「丑年係」へ。Eメール(info@nishitama-shinbun.co.jp)でも可。11月30日(月)まで受け付け。

電話042-552-3737


西多摩歴史特集

ここ数年の掲載した歴史特集を
PDFでお読みいただけます

◆古代ロマン 日の出町将門伝説
◆源平合戦 郷土の英雄金子十郎
         その@ 
そのA
◆幕末!その時西多摩は 
         その@ そのA
◆五日市線の誕生の歴史 
         その@ そのA
◆ありがとう平
成!平成をふりかえる
         その@ 
そのA

購読・見本紙のお申込み

お申込み月無料キャンペーン開催中

ご購読をお考えの方、見本紙の
郵送も致します!
お申し込みは
ここから

購読料 ※毎週金曜発行 
半年 ¥5,028

一年 ¥10,056


西多摩新聞立ち読み
PDF



購読のお申し込みは、上の
「購読・見本紙のお申込み」から
することができます

 
   
   

〜読者の皆様へ〜

本紙は毎週金曜日に皆様のお手元に届くよう努めておりますが、
新型コロナウイルス感染症の影響で、一部の地域で新聞の
到着が遅くなることがあるかもしれません。

ご購読いただいている皆様、関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしま
すが、なにとぞご了承いただきますよう、お願い申し上げます


営業時間 月〜金曜日 午前9時〜午後5時


 
   
 
NHK.BS1「沁みる夜汽車」で紹介され大反響!
弊紙連載小説を限定販売 予約受付中

〜青梅線で生まれた49歳差の心温まる友情〜
「小さな友達と大きな友達の物語」
 高山 茂 著
(12月20日刊行、216ページ、A5判、1100円+税)

購入申込
郵送(手数料300円)・来社お選びいただけます

     
       

西多摩新聞チケットサービスからお知らせ
コンサート中止・延期


6月26日(金)宇崎竜童コンサート 延期
会場:八王子芸術文化会館(いちょうホール)
2021年2月27日に延期

◆小椋佳コンサート
◆三遊亭円楽・柳家三三 二人会
会場:東大和市民会館ハミングホール
※延期の日程未定


◆12/18 由紀さおりコンサート 公演中止
会場:たましんRISURUホール(立川市市民会館)

ご注意:現在お持ちのチケットはそのまま
大切に保管してください

イベント中止情報は

各市町村HPを

ご確認ください

下の市町村名をクリックすると
各市町村のHPが開きます



青梅市 羽村市 福生市 

あきる野市
 昭島市  瑞穂町 

日の出町 奥多摩町 檜原村
 

 
   
       
 11月20日号を一部ご紹介!   詳細は西多摩新聞紙面を         ご覧ください!     
   

菅生、日大三破り優勝
センバツ手中に 都高校野球秋季大会


都高校野球秋季大会(東京都高校野球連盟主催)の決勝戦にコマを進めた東海大学菅生高校(若林弘泰監督)は、15日、神宮球場で伝統校の日本大学第三高校 (小倉全由監督)と対戦。エース本田峻也ら投手陣の好投と4番堀町沖永(東海大菅生)の先制打など集中打で6―1と快勝し、2014年(平成26) 以来、6年ぶり3度目の優勝を飾り、来年開かれる春のセンバツ大会への出場を確実にした
 
 


   
   
   

瑞穂町町制80周年記念式典を開催
「困難乗り越え持続可能な町目指す」

瑞穂町が10日に町制施行80周年を迎え、同町箱根ケ崎のビューパーク・スカイホールで記念式典が行われた。新型コロナ感染症が再拡大する中で規模を縮小して開催した式典には小池百合子都知事、田村利光都議、清水康子都議や近隣自治体の首長、第374空輸航空団司令官のアンドリュー・J・キャンベル大佐ら米軍横田基地関係者など来賓ほか町民約250人が参加した。式典では、町の発展に寄与したとして41人と25団体が表彰されたほか、ここ10年間の主な事業をまとめた記念誌を配布し、今年10月末に同町の新庁舎建設工事が完了したことが報告された

 

   
   
   
   

テレワーク環境充実へ
青梅市役所に個室オフィス設置


青梅市とテレキューブサービス(小山田佳裕社長、千代田区)は10日、同社が運営する個室型スマートワークブース「テレキューブ」の市役所への設置に関する連携協定を締結。市庁舎1階ロビーに2室が設置され、11日からレンタルサービスを開始し、市民らの利用が可能になった。
「テレキューブ」は、セキュリティ・プライバシーが確保された個室空間で、声や音を遮断する防音仕様。電源とUSBポート、椅子などを備えているほか、24時間稼働換気ファン、「まるごと抗菌コーティング」も実施。端末を持ち込めば、周囲を気にすることなく業務や電話、ウェブ会議などができる


     
   
 はむら観光ガイド募集 12月から講習スタート
羽村市観光協会(池田恒雄会長)は、羽村を訪れる人にまちの魅力を伝えて温かくもてなす「観光ガイド」を要請する講座を開講することになり、参加者の募集を開始した。講習は定員10人に絞って屋外での実習を取り入れるなど新型コロナ感染防止に配慮。実践的な講習会になるという。
 参加費無料で、観光ガイドに関心があり羽村に来る人をもてなしたい人なら誰でも参加できる

   
     
   
   

巨大貼り絵 完成
「ゴッホの太陽で明るく照らす」
都立福生高校


東京都立福生高校(福生市北田園)で11日、ゴッホの「種まく人」の巨大貼り絵(高さ8・1b、横10・4b)が完成。同日、同校中庭で除幕式が行われた。
今年はコロナ禍で文化祭が中止になるなど生徒たちの学校生活は大きく変貌したが、生徒たちは「巨大貼り絵だけは制作したい」という強い思いで、美術部員15人と美術選択者を中心に200人が力を合わせて、絵の具を使わずに色紙をのりで貼る丁寧な作業で作品を完成。今年は初めて、同校の海外交流校であるマレーシア、台湾の学校に共同制作を呼び掛け、オンラインでコラボした

 
     
        
オリジナルエコバッグ作製 檜原村
檜原村はこのほど、村公式キャラクター「ひのじゃがくん」のイラストがプリントされたオリジナルエコバッグを作製し=写真、村内の自治会加入世帯に配布した。7月からプラスチック製レジ袋の有料化がスタートしたこともあり、村では公益財団法人東京自治調査会の補助金を活用してオリジナルエコバッグを作製した
  
   
     
   
   
 
日野しらゆりAが優勝
あきる野ちびっこサッカー大会

「第14回あきる野ちびっ子サッカー大会」(同実行委員会主催)が11日、あきる野市菅生の菅生学園で行われ、決勝戦は「日野しらゆりFCB」(日野しらゆり幼稚園)と「JACPAすもも木サッカークラブ」(すもも木幼稚園)が対戦し、しらゆりBが2―2からのPK戦を制し、優勝を決めた

     
   
工業高校の粋込めたモニュメント完成
福生市市制施行50周年記念
福生市熊川の「都立多摩工業高校」(剱持利治校長)の生徒が福生市制施行50周年を記念したモニュメントを制作して、同市に寄贈した。同市は13日、同市役所で寄贈に対する感謝状を生徒に贈呈。モニュメントは12月19日(金)に挙行予定の市制施行50周年記念式典の会場内や市役所に展示される
  
   
     
     
   
     
都指定の大日如来座像特別公開
 昭島の大日堂


昭島市拝島町にある天台宗・拝島山普明寺の大日堂に安置する本尊の木造大日如来(金剛界) 坐像ら三尊が、文化財ウイークの3日に特別公開され、市内外から100人以上が拝観に訪れた。
 如来像本体は、寄せ木造りで高さ157.5a、漆箔が施されており、平安時代、12世紀の作といわれる。現在、光背と台座は修理中で厨司の中に鎮座している。また、両隣に位置する釈迦如来と阿弥陀如来は修理を終えたばかり。いずれも巧みな彫刻技術で姿・形が整っているのが特徴だ。1964年(昭和39)、都の有形文化財(彫刻)に指定されている
  
     
       
摩利支天の山車幕を新調
文化祭で初披露 青梅市裏宿町

青梅市の裏宿公会堂で15日に行われた「裏宿町文化祭」(今井義彦実行委員長、東山進企画委員長)で、同町の新しい山車幕が初披露された。5月の青梅大祭に使う予定だったが、新型コロナウイルスの影響で大祭が中止になり、文化祭で展示することに。同町神社の守り神の摩利支天を躍動感あふれる手縫いで表現。東京都伝統工芸士で橋本刺繍店三代目の橋本貴幸さん(59)が手がけた力作に、来場者らが感嘆の声を上げていた
     
     

チケット 好評発売中 
0120・61・3737
月曜〜金曜 午前10時〜午後5時
チケットの郵送手数料:660円。

取扱いチケット

スポンサーサイト
放送大学 東京多摩学習センター
税金・経理のことなら内山経営会計事務所
印刷・製本はポプルスにおまかせ
個人事業主を応援します 青梅青色申告会
写真家まえのかつみ
西多摩新聞好評連載中!


西多摩新聞発行の書籍の紹介

「聖女の道標」
■宗右衛門町の花弁(はなびら)
■聖女の道標
etc
 







           
会社案内 | プライバシーポリシー | ご意見・ご感想 | リンク

nishitama-shinbun.co.jpに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。著作権は西多摩新聞社またはその情報提供者に帰属します。
2020年11月21日更新 

西多摩新聞媒体資料