西多摩新聞のホームページ 購読・見本紙のお申し込みはこちら!

Fussa Craft Vol.1
Fussa Craft Vol.2


ボリジが咲いているのを発見!
この花はハーブで、花を食べることもできるそうだ!キュウリの匂いがすると書いてあったぞ、匂いを嗅いでみれば良かったな〜。
第169回
過去のたますけ。。。

連載小説
千人同心がゆく 
令和 薫


舞台は幕末維新前から明治初期。
その時代を懸命に生きた人々が主役として登場するオムニバス長編です。
よくある問い合わせ

 掲載写真を購入したい
 新聞を1部購入したい
  駐車場の場所
 3階会議室&ギャラリーを
  借りたい
(PDF)

   
  
▲3階会議室&ギャラリー
 Wifi・50型モニター完備しました!




好評連載中
「再発見!多摩の古代」
現在、「将門の乱編」


西多摩歴史特集

ここ数年の掲載した歴史特集を
PDFでお読みいただけます

◆古代ロマン 日の出町将門伝説
◆源平合戦 郷土の英雄金子十郎
         その@ 
そのA
◆幕末!その時西多摩は 
         その@ そのA
◆五日市線の誕生の歴史 
         その@ そのA
◆ありがとう平
成!平成をふりかえる
         その@ 
そのA

購読・見本紙のお申込み

お申込み月無料キャンペーン開催中

ご購読をお考えの方、見本紙の
郵送も致します!
お申し込みは
ここから

購読料 ※毎週金曜発行 
半年 ¥5,028

一年 ¥10,056


西多摩新聞立ち読み
PDF



購読のお申し込みは、上の
「購読・見本紙のお申込み」から
することができます

 
   
   
   
   


営業時間 月〜金曜日 午前9時〜午後5時

休刊のお知らせ 4月30日発行号が5月7日号とのGW合併号となるため、
5月7日号は休刊となります
 
 

訂正 西多摩新聞 4月30日・5月7日合併号10面 9市町村の施設の利用制限期間などの表(4月26日現在)について

・奥多摩町……4月25日から当面の間(5月12日以降の見込み

(福祉会館、町立美術館、山のふるさと村、奥多摩都民の森など臨時休館、古里・氷川図書館は町民限定で開館)

 上記の期間は誤りで、正しくは

 ・奥多摩町……4月25日から当面の間(5月12日以降再開の見込み

(福祉会館、町立美術館、山のふるさと村(20201226日から)、奥多摩都民の森(20201223日から)など臨時休館、古里・氷川図書館は町民限定で開館)

でした。お詫びし、訂正いたします。  
 
   
   
 


江戸時代の街道を辿る日光への旅
ガイドブック

『千人同心 日光への旅』

江戸時代、幕府に仕えた千人同心。彼らが辿った八王子、拝島、箱根ケ崎〜日光までの道中を、弊紙で「聖女の道標」を連載、現在は令和薫の名で小説「千人同心がゆく」を連載中の夢酔藤山さんが紹介!多摩ゆかりの千人同心の活躍がわかる
2月放映のNHKファミリーヒストリーでも、
あきる野市の千人同心が登場し話題に。
西多摩の千人同心一覧も収録しています。

お申し込みは西多摩新聞社 出版センターへ
@電話 042-552-3737
  A FAX 042-552-3778
 
   氏名・住所・電話・冊数・受取方法(来社・郵送※手数料300円)を明記して送信ください
※予約特典は3月5日注文分まで



   
       

イベント中止情報は各市町村HPをご確認ください

下の市町村名をクリックすると各市町村のHPが開きます

青梅市 羽村市 福生市 あきる野市  昭島市  瑞穂町 日の出町 奥多摩町 檜原村 

 
   
       
     
   

接戦を制し再選
瑞穂町長選 杉浦氏が再選


瑞穂町長選挙が4月25日に投開票され、現職で2期目を目指した杉浦裕之氏(67)=自民、公明、連合推薦=が6080票を獲得し、新人で前町議の柚木克也氏(58)=無所属=5312票、新人で同町武蔵の政治団体代表、角田統領氏(72)=無所属=100票を破り、再選を果たした。杉浦氏と柚木氏との票差は768票という接戦となった。勝敗は、午後10時50分の確定票まで分からない緊迫した展開となった。投票率は43.11%。43.35%だった前回2017年をわずかに下回り、低調に終わった。当日の有権者数は2万6966人(男1万3616人、女1万3350人)

 
 
 

   
   
   

青梅駅前地区市街地再開発
2024年度建物竣工目指す

東京都は4月23日、青梅駅前地区市街地再開発組合の設立の認可を発表した。再開発エリアは青梅駅前ロータリーの一分や駅前通りに面した青梅市本町の中の約0.5ヘクタール。地上13階、地下1階の複合施設を建て、店舗や公益施設、住宅、駐車場が入る予定。2022年度に工事着手、2024年度の建物竣工を目指す

 
 
 
 
   
   
   

度肝抜くスペクタクル劇
「水族館劇場」羽村・宗禅寺で初公演


大規模な仮設野外テント劇場とスペクタクルな演出で知られる「水族館劇場」が、5月14日(金)から羽村市川崎の宗禅寺・第二駐車場で西多摩初の公演を予定している。劇中数dの水が天井から落ち、舞台が回転するなどの仕掛けで、観客の度肝を抜く。芝居に出演する役者自らが4dトラック十数台分の資材で建築する大規模な仮設野外テント劇場とスペクタクルな演出で知られる藝能集団「水族館劇場」(桃山邑代表)の西多摩で初めての公演「Nakedアントロポセンの空(うつほ)舟」(作・演出=桃山邑)が、5月14日(金)から、羽村市川崎の宗禅寺・第二駐車場で開幕する。公演は5月14日〜16日(日)、20(木)〜23日(日)、25(火)〜31日(月)を予定(感染拡大の際は延期あり)。現在、会場となる同寺第二駐車場では巨大な舞台装置の建築が進んでいる。
全席自由。4500円。当日券のみ(前売り券、期日指定なし)。全公演午後7時開演予定。当日券のみ。問い合わせは水族館劇場(080・2117・6154)へ

     
   
地域文化功労者表彰受賞 福生天王ばやし伝える窪田さん
「令和2年度地域文化功労者表彰」を受賞した福生天王ばやし会顧問の窪田成司さん(90)が4月23日、福生市役所で加藤育男市長を表敬訪問した。
 同制度は全国各地域を対象に芸術文化の振興、文化財の保護等、地域文化の振興に功績のあった個人や団体に対して、その功績をたたえ文部科学大臣が表彰するもの。窪田さんは小学校2年生から囃子を始めて、都市化の進展やライフスタイルの変化にともない継承が困難になりつつあった福生天王ばやしを次世代に残していこうと1982(昭和57)年7月、有志とともに「福生天王ばやし保存会」を設立し、伝統芸能の保存継承体制の確立に努めた
     
   
     
   
   

音楽ライブ文化の復興へ
「ソラリズム」キックオフ


「音楽ライブ文化復興へのキックオフ」―。あきる野市深沢のキャンプ場「深澤渓・自然人村」(高水健オーナー)を使った準常設の野外ライブ会場「多摩あきがわLiveForest自然人村」で4月11日、音楽イベント「ソラリズム@ライブフォレスト」が開催され、佐藤タイジさんやなぎら健壱さん、清春さんら著名なアーティストが多数出演。約250人が来場して野外でのライブを楽しんだ

     
        
橋本聖二氏お別れ会 第5代日の出町町長
2月に急逝した日の出町の橋本聖二前町長(享年85)を悼み4月24日、ひのでグリーンプラザで「故橋本聖二町長お別れ会」が執り行われ、井上信治国務大臣、田村みさ子町長らが出席した。橋本前町長は1935(昭和35)年、平井村出身。63年に日の出村役場に入庁し、94(平成6)年に日の出町町議会議員に初当選し、議長などを歴任した。2010年に当時の青木國太郎町長の後継として町長選挙に初当選し、日の出町第5代町長に就任。「みんなでつくろう日の出町」を合言葉に、町民との対話を行政運営に取り込んだ。「日本一の福祉のまちづくり」を目指し、がん医療費助成や青少年育成支援金、青少年医療費助成、元気で健康に長生き医療費助成制度などの医療・福祉・子育て支援施策を積極的に実施。町長として10年10か月在任し、今年2月21日、急性腎不全により逝去した

     
   
   
     
 子どもの発達を支援
児童発達支援事業所「どんぐりの森」開所


あきる野市雨間の認定こども園多摩川幼稚園は5月1日(土)、集団生活になじめないなど支援を要する子どもたちが音楽や遊びを通して日常生活のスキル、コミュニケーション力を身に着けることを支援する児童発達支援事業所「どんぐりの森」を隣接地に開所する。同施設では指導訓練室(40・1平方b)で、マットやぶら下がり遊具、職員手作りの玩具などを使い、遊びを通して自分の体を意識して使う、自分の得意なことを見つけるなどを通し、集団生活に必要なスキルを学ぶ支援を行う。 定員は5人と少なく、スタッフも保育士、社会福祉士、特別支援学級の経験者など経験豊富な人材をそろえ、さまざまな視点から一人一人に合わせ、きめ細やかに対応するという。
電話、メールで見学、相談などを受け付けている (042・595・5546、donguri@tamagawa-kids.jp)

     
     
 菅生、関東一に敗れる 春季都高校野球大会
春季東京都高校野球大会の準決勝が4月24日、八王子市のダイワハウススタジアム八王子で行われ、東海大菅生高校(若林弘泰監督)は、関東第一高校(米澤貴光監督)と決勝進出をかけて対戦したが、相手投手を打ち崩すことができず1─4で敗れた
   
     
   
     
東京唯一の木造映画館
シネマネコ、青梅に完成!


青梅織物工業協同組合(青梅市市西分)敷地内の旧都立繊維試験場(国指定文化財)を改修した東京唯一の木造建築の映画館「シネマネコ」が4月23日、完成式典を行ったがコロナ禍の緊急事態宣言に伴いオープンが延期となった。 同映画館を手がけた菊池康弘さん(39)は、「苦渋の決断ですが、やむを得えません。色々と準備を進めてきただけに、辛く悔しい」と複雑な胸の内を語る。
 23日には完成式典が行われた。館内には高性能スピーカーJBLや最新設備ドルビーアトモス(Dolby Atmos)が導入され、シネマコンプレックス並みの機材が取り揃えられている。また、カフェも併設されカフェだけの利用も可能だ。オープン情報も含め、映画館最新情報は「シネマネコ」公式サイトhttps://cinema-neko.com/
     
       
東京わさびバーベキュープレオープン
WASABIEXPERIENCE 奥多摩町

奥多摩町で東京わさびの収穫体験ツアーなどを行う「WASABI EXPERIENCE(ワサビエクスペリエンス)」(同町氷川、角井竜也代表)は4月29日、JR青梅線御嶽駅から徒歩7分、同ツアーの拠点場所(青梅市御岳)でレンタルBBQスペース「東京わさびバーベキュー」をオープンした。利用時間は午前11時?午後2時、午後5時?同8時の各3時間。利用料金は1人千円。小学生未満無料。最低催行人数2人から。オプションでゴミの引き取り(300円)あり。予約・問い合わせは「TOKYO WASABI」のホームページ(https://tokyowasabi.com/)から
 

 
     
     

チケット 好評発売中 
0120・61・3737
月曜〜金曜 午前10時〜午後5時
チケットの郵送手数料:660円。

取扱いチケット

スポンサーサイト
放送大学 東京多摩学習センター
税金・経理のことなら内山経営会計事務所
印刷・製本はポプルスにおまかせ
個人事業主を応援します 青梅青色申告会
写真家まえのかつみ
西多摩新聞好評連載中!


西多摩新聞発行の書籍の紹介

「聖女の道標」
■宗右衛門町の花弁(はなびら)
■聖女の道標
etc
 
好評発売中

NHK.BS1「沁みる夜汽車」
で紹介され大反響!

〜青梅線で生まれた
49歳差の心温まる友情〜

「小さな友達と大きな友達の物語」
 
高山 茂 著

(2019年12月20日刊行、
216ページ、A5判、1100円+税)


郵送(手数料300円)・
来社お選びいただけます

           
会社案内 | プライバシーポリシー | ご意見・ご感想 | リンク

nishitama-shinbun.co.jpに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。著作権は西多摩新聞社またはその情報提供者に帰属します。
2021年4月30日更新 

西多摩新聞媒体資料