西多摩新聞のホームページ 購読・見本紙のお申し込みはこちら!

Fussa Craft Vol.1
Fussa Craft Vol.2


前にTVなどで話題になった、檜原村の総ヒノキ造りのトイレを見学。
とてもじゃないけんど、トイレに見えないよなぁ!神社みたいで、ありがたいような気持ちになってしまったぞ!

第166回
過去のたますけ。。。

連載小説
千人同心がゆく 
令和 薫


舞台は幕末維新前から明治初期。
その時代を懸命に生きた人々が主役として登場するオムニバス長編です。
よくある問い合わせ

 掲載写真を購入したい
 新聞を1部購入したい
  駐車場の場所
 3階会議室&ギャラリーを
  借りたい
(PDF)

   
     
▲3階会議室&ギャラリー
 Wifi・50型モニター完備しました!

3階予約状況 最新情報PDF


好評連載中
「再発見!多摩の古代」
現在、「将門の乱編」開始


西多摩歴史特集

ここ数年の掲載した歴史特集を
PDFでお読みいただけます

◆古代ロマン 日の出町将門伝説
◆源平合戦 郷土の英雄金子十郎
         その@ 
そのA
◆幕末!その時西多摩は 
         その@ そのA
◆五日市線の誕生の歴史 
         その@ そのA
◆ありがとう平
成!平成をふりかえる
         その@ 
そのA

購読・見本紙のお申込み

お申込み月無料キャンペーン開催中

ご購読をお考えの方、見本紙の
郵送も致します!
お申し込みは
ここから

購読料 ※毎週金曜発行 
半年 ¥5,028

一年 ¥10,056


西多摩新聞立ち読み
PDF



購読のお申し込みは、上の
「購読・見本紙のお申込み」から
することができます

 
   
   

〜読者の皆様へ〜

本紙は毎週金曜日に皆様のお手元に届くよう努めておりますが、
新型コロナウイルス感染症の影響で、一部の地域で新聞の
到着が遅くなることがあるかもしれません。

ご購読いただいている皆様、関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしま
すが、なにとぞご了承いただきますよう、お願い申し上げます


営業時間 月〜金曜日 午前9時〜午後5時

 
   
   
 


江戸時代の街道を辿る日光への旅
ガイドブック

『千人同心 日光への旅』    2月刊行決定

江戸時代、幕府に仕えた千人同心。彼らが辿った八王子、拝島、箱根ケ崎〜日光までの道中を、弊紙で「聖女の道標」を連載、現在は令和薫の名で小説「千人同心がゆく」を連載中の夢酔藤山さんが紹介!多摩ゆかりの千人同心の活躍がわかる

お申し込みは西多摩新聞社 出版センターへ
@電話 042-552-3737
  A FAX 042-552-3778
 
   氏名・住所・電話・冊数・受取方法(来社・郵送※手数料300円)を明記して送信ください

購入申込→

   
       

西多摩新聞チケットサービスからお知らせ
コンサート中止・延期


◆2月27日(土)宇崎竜童コンサート 中止
会場:八王子芸術文化会館(いちょうホール)

1月17日(日)やさしい歌舞伎公演 延期
会場:羽村市ゆとろぎ

3月14日に延期

◆2月20日(土)ウズベキスタン民族舞踊ステージ 延期
会場:羽村市ゆとろぎ

3月20日に延期

ご注意:現在お持ちのチケットはそのまま
大切に保管してください


イベント中止情報は
各市町村HPを
ご確認ください

下の市町村名をクリックすると
各市町村のHPが開きます



青梅市 羽村市 福生市 

あきる野市
 昭島市  瑞穂町 

日の出町 奥多摩町 檜原村
 

 
   
       
 2月26日号を一部ご紹介!   詳細は西多摩新聞紙面を         ご覧ください!     
   

『日の出の唄』で日本の夜明けを願う
日の出町 松尾欣治さん 東洋大学教授 楠本純一郎さん


日の出町在住の市井(しせい)哲学者である松尾欣治さん(69)と東洋大学法学部教授の楠本純一郎さん(55)らがこのほど、日の出町の情景やかつて中曽根康弘元総理大臣が所有していた山荘「日の出山荘」(日の出町大久野)への思いなどを歌詞に込めた楽曲「日の出の唄」を製作し、動画配信サービス「YouTube(ユーチューブ)」に配信した。この曲は昨年11月ごろ、楠本さんがラジオパーソナリティを務めるインターネットラジオ番組「LeoNRadio日の出」の出演者仲間の強い絆づくりのために、同番組のテーマソングとして、番組出演者らが共同で製作したもの
 
 
 

   
   
   

大道芸で笑い届ける
昭島市のファニーボーンズ

昭島市福島町に住む大道芸人のK―BOW (ケーボー、本名宮地敬一郎、長崎市出身46)とクリス・ピータース (英国マンチェスター出身、49)の2人は「ファニーボーンズ」名でコンビを組み日本国内はもとより、海外諸国に笑いを届ける旅を続けており、コロナ禍でも笑いを、と芸に磨きをかける。学校や保育園、幼稚園などを訪れ「コロナ禍でストレスを感じている子ども達の笑顔を見たい」また「難局で苦しい思い、暗い気持ちになっているすべての人たちにファニーボーンズの芸を届け楽しい時間を共有する活動をしていきたい」と前を向く。
 
 
   
   
   
   

日原街道 通行止め全解除
台風被害から1年4か月ぶり


おととしの台風19号の影響で道路の一部が崩落した奥多摩町の一般都道204号線(日原街道)の復旧工事が終了し、東京都建設局は20日午前0時に通行規制を全て解除した。片側交互通行並びに総重量11d未満の車両のみ通行可としていた通行規制を解除し、1年4か月ぶりに全面的に通行が可能となった

     
   
市民の健康増進に連携 明治安田生命と協定締結 青梅市
青梅市と明治安田生命保険相互会社立川支社(平田康典支社長、立川市)は16日、「健康増進に関する連携協定」を結び、市役所で締結式を行った。同協定は、健康づくり、生活習慣病予防、がん対策、その他の健康増進に関する取り組みを推進するにあたって相互に連携・協力し、市民の健康増進や市民サービスの向上を図ることを目的としたもの
    
   
     
   
   

最優秀作品賞にノミネート
KWN日本コンテストで 青梅の都立青峰学園


都立青峰学園(山本和彦校長、青梅市大門)の肢体不自由教育部門中学部・高等部の生徒が制作した動画「私たちも、世界の一員なんだ」がこのほど、パナソニック主催の「KWN日本コンテスト2020」高校生部門で入賞し、最優秀作品賞にノミネートされた。3月14日(日)にYouTubeライブでオンライン表彰式が行われる。KWN(キッド・ウィットネス・ニュース)は、パナソニックが展開する小中高生を対象とした映像制作支援プログラム。今年度のコンテストは「今、伝えたいこと」をテーマに、SDGs(持続可能な開発目標)を意識した動画作品(5分以内)を募集。計約100作品の応募の中から最優秀作品賞ノミネート作品として小学生と中学生部門各3作品、高校生部門4作品が選ばれた
     
        
スポーツセンターで集団接種準備 羽村市のワクチン接種
羽村市は17日、新型コロナウイルス感染症に関する市の対応状況を報告。ワクチン接種への対応について市の体制を発表した。市は1月21日付で福祉健康部健康課に新型コロナウイルスワクチン接種対策担当を設置し主査1人、主事1人を配属。ワクチン接種に向けた庁内プロジェクトチームを設置し、総務、医療機関等調整、障害、予算、情報管理システム、契約、広報、会場整備を全体で検討し調整している

地区ごとに集団接種 檜原村

檜原村では、新型コロナウイルスのワクチン接種に関する業務を、村福祉けんこう課けんこう係が主に担当する。接種方法は当面、自治会館やコミュニティセンターなど村内8か所に会場を設け、地区ごとに集団接種を行う想定。接種開始日は示されておらず、4月1日からを予定しているが、曜日や時間などについても調整中。ワクチン接種は檜原診療所職員が各会場に出向いて行う

    
   
   
     
 あきる野市役所でセンバツ出場報告
東海大学菅生高校野球部


「第93回選抜高校野球大会」(3月19日開幕)に出場が決まっている東海大学菅生高校野球部(若林弘泰監督、部員69人、女子部員5人)は19日、あきる野市役所を訪れて村木英幸市長らを表敬訪問した。榮塁唯主将(2年)が「都代表として恥じないようプレーするので応援よろしくお願いします」と出場報告すると、村木市長は「あきる野市として大変な栄誉、菅生の住民としても誇り。夏は悔しい思いをしたと思うので、その分を晴らすような活躍をしてほしい」と笑顔で激励した。

     
     
 青梅&羽村市 合同で空襲資料展 デジタルコンテンツも
青梅市と羽村市は合同で「東京の空襲資料展」と「デジタルコンテンツ東京の空襲資料展」を、3月1日(月)〜12日(金)まで開催する。3月10日の東京路平和の日に合わせて行うもので、東京の空襲被害や戦時中の様子を展示して平和を考える。開場は羽村市役所1階ホールと青梅市役所玄関ホール。時間は両市庁舎の開庁時間(午前8時30分〜午後5時15分、青梅市は木曜日は午後8時まで)
   
     
   
     
外国人講師とオンライン研修
青梅市立第五小学校


青梅市立第五小学校(中嶋太校長、児童数407人、同市梅郷)は12日、AET(英語指導助手)の派遣事業を行う「ハートコーポレイション」(中央区)協力のもと、タブレット端末を使った教員向けのオンライン英会話研修を行った。3年〜6年生の教員8人が遠隔地にいる2人のAETからオンライン上で英会話を学んだ
  
     
       
映画やドラマを地元で撮影
西和ロケーションサービス(青梅)
地元青梅を中心とした撮影ロケ地を紹介している「西和ロケーションサービス」(本社=青梅市塩船、小野邦晃社長)は、公開中の映画「樹海村」の撮影に参加した。日本のホラー映画の第一人者である清水崇監督の作品に同社が協力するのは初めてとなった。
 「樹海村」の撮影場所となったメインのロケ地、主人公が暮らす家は青梅市内の民家を使っている。また、放送済みや放送中のドラマ「監察医 朝顔2」「天国と地獄〜サイコな2人〜」「ナイルパーチの女子会」でも、青梅市内で管理をしている一軒家で撮影が行われた。「これからも西多摩地区でのロケを積極的に受け入れていくので、協力できるお店や人がいたら問い合わせてほしい」と小野社長は話していた。
  
 
?2021「樹海村」製作委員会
   
     

チケット 好評発売中 
0120・61・3737
月曜〜金曜 午前10時〜午後5時
チケットの郵送手数料:660円。

取扱いチケット

スポンサーサイト
放送大学 東京多摩学習センター
税金・経理のことなら内山経営会計事務所
印刷・製本はポプルスにおまかせ
個人事業主を応援します 青梅青色申告会
写真家まえのかつみ
西多摩新聞好評連載中!


西多摩新聞発行の書籍の紹介

「聖女の道標」
■宗右衛門町の花弁(はなびら)
■聖女の道標
etc
 
好評発売中

NHK.BS1「沁みる夜汽車」
で紹介され大反響!

〜青梅線で生まれた
49歳差の心温まる友情〜

「小さな友達と大きな友達の物語」
 
高山 茂 著

(2019年12月20日刊行、
216ページ、A5判、1100円+税)

購入申込
郵送(手数料300円)・
来社お選びいただけます

           
会社案内 | プライバシーポリシー | ご意見・ご感想 | リンク

nishitama-shinbun.co.jpに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。著作権は西多摩新聞社またはその情報提供者に帰属します。
2020年2月26日更新 

西多摩新聞媒体資料